エンディングノート


 私たちのエンディングノート

株式会社edu.Lifeがオリジナルで作製したエンディングノートです。尊厳死宣言書・親族表が付録されています。執筆者である福本隆史が弁護士という立場上、トラブルを起こさないための終活という視点に立って作製しております。コラムでは葬儀・お墓でのトラブルの実例や相続にかかる、残された家族の労力について記載しています。

 

 

定価¥2,000

送料¥  400(全国一律)

【 STORES 】の外部ページが開きます


 エンディングノートとは?

終活から相続にかけて、

エンディングノートにおける意味合いは大変重要なものであると考えます。

しかしながら、項目の多さや形式の自由度から、

上手に活用されている方が少ないというのが実情で、

エンディングノートの基本的な情報から課題、さらに解決策について記載しています。 

 

 デジタル遺品

パソコンやスマートフォンが普及し、私たちの生活の利便性は向上しましたが、

それと同時に、個人情報や財産の管理までがデジタル化していく傾向にあります。

電子機器の取扱いの他、その中の情報、また、

そこからネットショップやSNS上に登録した情報を管理することが重要です。